一般財団法人設立

財団法人は、財産自体に法人格を認める法人形態です。

拠出された財産を一定の目的のために利用するためにこのような形態が認められています。

一般社団法人が出資金が必要ないのに対し、一般財団法人では設立者が最低300万円以上を拠出することが必要です。この点では資本金の払い込みが必要な株式会社と同様です。

この拠出された財産は社団法人の基金と異なり、返還の義務がありません。

なお、一般社団法人の設立には2人以上が必要でしたが、一般財団法人では1人での設立が可能です。

そして、財団法人は財産それ自体が法人であるのため、社団法人と異なり、原則として構成員たる社員がいません。

そこで、理事会が業務執行期間となって財産を管理運用し、その運用により得た収益で助成活動などの事業を行います。

また、一般財団法人は、公益認定を受けることで公益財団法人となることもできます。

→トップページへ