基本的な任期

一般社団法人の役員の任期は、基本的に以下のとおりになります。

理事 2年

監事 4年

任期の短縮も可能

理事、監事いずれの任期も短縮することができます。

理事の任期は、定款又は社員総会の決議で短縮することができます。

監事については、定款で2年を限度に短縮することができます。

株式会社との違い

株式会社においては、取締役の任期が2年、監査役の任期が4年とされています。

一般社団法人の理事の任期が2年、監事の任期が4年とされていることと対応します。

ただ、取締役の任期は、非公開会社では10年まで伸長できるのに対し、一般社団法人の理事は任期を伸長することはできません。

他方、監査役の任期は、非公開会社では取締役同様、10年まで伸長できる一方、短縮することはできないのに対し、一般社団法人の監事は期間を短縮することができます。

なお、監事の任期を2年にして理事の任期2年と同じにすると、任期が統一され、登記懈怠を回避しやすくなる面もあります。

→トップページへ