合同会社の社員が死亡した場合、社員たる地位は当然に相続人に承継されるものではなく、当該社員は退社し、相続人は被相続人たる社員の持分の払戻を受けるにとどまります。

もっとも、この点は定款で別段の定めをしておくこともできます。

すなわち、社員の死亡による相続が生じた場合は、相続人が社員たる地位を承継する旨を定めておくこともできます。

1人会社の合同会社では、1人社員が死亡すると会社の解散事由に該当することとなるため、自分の死後も会社を存続させたい場合は、このような定款の規定を設けておくのが適切です。