合名会社、合資会社について、これを畳む場合は、会社の解散の手続をとることができます。

また、合名会社、合資会社を株式会社や合同会社に組織変更することもできます。

有限会社については、株式会社への移行ができることは知られていますが、合名会社、合資会社についても株式会社や合同会社へ組織変更することができます。

合同会社については、合名会社、合資会社とともに持分会社の1形態ですので、厳密には合名会社、合資会社を合同会社に種類変更することとなります。

休眠状態の合名会社、合資会社がある場合、他の事業のために活用したいとき、組織変更も選択肢となります。