会社の合併の手続を行うには、登記については、存続会社の変更の登記と、消滅会社の解散の登記が必要となります。

そして、合併には様々な手続が必要ですが、債権者保護の手続には少なくとも1ヶ月の期間が必要となります。

会社の合併の手続には、最低でも1ヶ月はかかることになります。

一定の期日までに合併を完了したい場合などは、早めに準備を開始する必要があります。