株式分割は、株式の併合とは逆に、1個の株式を2個にし、2個の株式を3個にしたりと、発行している株式を細分化し、従来より多数の株式とすることを言います。

高騰した株価を引き下げ、投資をしやすくするためなどに行われます。

株式分割の手続

決定手続

株式の分割は、取締役会決議、取締役会を設置していない会社では、株主総会の決議により決定します。

株式の分割は株式併合に比して株主への影響は小さいことから、株主総会の決議は普通決議で足ります。

決議は、原則として議決権の過半数を有する株主が出席し、出席した株主の議決権の過半数により行う必要があります。

定める内容

① 分割の割合および分割の基準日

② 株式分割の効力発生日

③ 分割する株式の種類(種類株式発行会社)

現に1種類の株式のみを発行している会社は、株式の分割と同時に、分割割合を超えない限度で、発行可能株式数を増加し、又は単元株式数の設定・増加をする定款の変更をするができます。

例えば、行可能株式総数1000株、発行済株式総数500株の会社が、従来の株式につき1株を3株に分割し、これとともに発行可能株式総数を3000株に変更する場合などです。

この場合、株主総会の特別決議による必要はなく、取締役会決議(取締役の決定)により、定款の変更をすることができます。

公告

・定款に特段の定めがない限り、基準日の2週間前までに、上基準日および基準日に株主が行使できる権利の内容を公告をする必要があります。

登記手続

登記申請書記載例

株式会社変更登記申請書

1.商号 ○○株式会社(会社法人等番号・・・・・)

1.本店 茨城県○市○町○丁目○番○号

1.登記の事由 株式分割

1.登記すべき事項
 平成○年○月○日変更
 発行済株式総数 ○株

1.登録免許税 金30,000円

1.添付書類
 株主総会議事録(取締役会議事録) 1通
 株主の氏名又は名称,住所及び議決権数等を証する書面(株主リスト) 1通