会社の設立にあたっては、様々な事項を決定します。

発起人1人の設立であれば問題はありませんが、発起人の決定事項には、発起人の過半数の一致が必要なものと、発起人全員の一致が必要なものとがあります。

発起人が複数人となる場合には注意する必要のある場合が出てきます。

発起人全員の同意を要する事項

① 設立時発行株式に関する事項の決定

・ 発起人が割り当てを受ける設立時発行株式の数

・ 引き換えに払い込む金銭の額

・ 会社に出資された財産の額の一部を資本金としない場合には、成立後
 の株式会社の資本金及び資本準備金の額に関する事項

・ 種類株式発行会社において、定款で株式の内容の要綱を定めた場合に
 は、その具体的内容

② 発行可能株式総数

③ 募集設立の場合には、設立時募集株式に関する事項の決定

・ 設立時募集株式の種類及び数

・ 設立時募集株式1株と引き換えに払い込む金銭の額

・ 金銭の払い込みの期日又はその期間

・ 一定の日までに設立の登記がなされない場合において、設立時募集株
 式の引き受けの取り消しをすることが出来ることとするときは、その旨
 及びその一定の日

発起人の過半数の一致を要する事項

① 発起設立の場合は、設立時取締役、設立時会計参与、設立時監査役及
 び設立時会計監査人の選任

② 一定の場合には、設立時代表取締役の選定

③ その他業務執行の決定に関する事項

・ 本店の具体的な所在場所の決定

・ 支店を置く場合には、その具体的な所在場所の決定

・ 株主名簿管理人を置く場合には、その選任

・ 支配人を置く場合には、その選任

・ 特別取締役による議決の定めを設ける場合には、これを設ける旨の決
 定及び特別取締役の選定