発行可能株式総数は、通常、原始定款(公証人の認証を受ける定款)に定めますが、必ず原始定款に定めなければならないものではありません>

ただ、原始定款を定めなかった場合は、会社の成立時までに発起人全員の同意で定款を変更し、発行可能株式総数の定めを設ける必要があります。

なお、譲渡制限会社(全ての株式に譲渡制限が設けられている会社)は発行可能株式総数の上限はありませんが、それ以外の公開会社では、発行可能株式総数は設立時発行株式の総数の4倍を超えることは出来ません。